エチオピア イルガチェフェ ウォテ・ウォッシングステーション (Natural) 中浅煎り

1,500円(内税)

豆か粉か
購入数
個(200g)

こちらは中浅煎り(ミディアムロースト)です。
*他に同じ生豆の深煎り(フレンチロースト)もございます。

ベリー系の果実や杏のような華やかな風味と甘さ。
ジュースのような果実感と口当たりの軽やかさがともに感じとれます。

【提供情報】
クロップ:18-19
入港:2019年10月
輸送:リーファーコンテナ
精製:アフリカンベッドを使用したナチュラル
品種:在来品種
パッケージ:30kg(GP)


<生産者情報>
生産者:ウォテウォッシングステーション Wotte Washing Station 周辺の農家
※この土地を発見した人の名であるWotteが土地と名前となり、ステーションにもこの名がつけられた
所在:南部諸民族州ゲデオゾーン イルガチェフェウォレダ ウォテ地区
標高:ウェットミル2,050m、周辺農家1,900-2,200m
収穫:農家が手収穫し、収穫したチェリーはハンドソーティング
ウェットミル:ウォテ・コンガ ウォッシングステーション
ウェットミル工程:選別されたチェリーをアフリカンベッドで乾燥。20日程度。乾燥中も手選別を施す。
※乾燥工程では1ベッドに4人ついてケアする。
ドライミル工程:アジス・アベバの新設ドライミル
 脱穀→異物除去→スクリーン選別→比重選別→電子選別→ハンドピック
※新型の設備を備えたドライミルでカラーソーターの精度も良好。選別精度が飛躍的に向上している。ハンドピックは必要なロットにのみ施される。

その他:
コンガという名称はイルガチェフェの産地のなかでも以前から知られていたため、往々にして、コンガ周辺のコーヒーは、たいていコンガコーヒー、コンガステーションなどとして取り扱われてきた。しかし、コンガ地区以外にもウォテやその他の名称をもった土地はあり、コンガ地区の中にも複数のステーションが存在するため、一口にコンガやコンガステーションと言っても同じコーヒーとは言えない。LCFは、コンガ周辺に複数存在するステーションの中からチェリーの取扱いプロセスがしっかりとしているステーションを指定し、その中でも優れたロットを選択しており、本商品は厳密にはコンガではなくウォテという地区にあるステーションのコーヒーとなる。

イメージはありません。